"/>

Wonderなこと(気になること、驚くようなこと)をLog(記録)していくブログ、「ワンダーログ」。管理人の気になる情報つづっていきます。

WonderLog

my hobby

僕のEDCを紹介してみた前編

更新日:

SONY DSC

前回の記事でいろんな方のEDCアイテム’(everyday carryの略)をお見せしました。

過去記事:EDCって何?あなたは普段何を持ち歩く?

いろんなEDCを見てると、なんだか自分のEDCアイテムも紹介したくなりました。

というわけで今日は僕のEDCを紹介します。どれも使い込んでいるお気に入りのものばかりです。

 

え? 興味ない? ・・・・・・まぁ、そう言わずにお付き合いください~。

 

後半はこちら:僕のEDCを紹介してみた後編 2016年8月に追加アイテムあり どんどんEDCアイテム増えてます(笑)

 

さて、僕の普段持ち歩いているものはこちら↓↓

ちょっとごちゃごちゃしています、すいません。

SONY DSC

 

では、一つ一つ紹介を。

①財布

楽天で5000円くらいで2年ほど前に購入。今はちょっと値段が下がってるみたい。

なかなか使いやすいです。カード入れが入ってて財布と一緒にすることもできるし、カード入れ単体で使うことも可能。

僕は財布は薄くしたかったのでカード入れは抜いています。それでも必要なカードは入れられるので。

あんまり財布とかこだわりなく、適当に購入したんですが、思ったより良いアイテムでした。あと数年は使いたいな。


【送料無料】 イタリアンレザー 財布 メンズ 二つ折り財布 本革 牛革二つ折り財布 BOX型小銭入れ 収納 カード 大容量 カードケース 二つ折り メンズ財布 小銭入れ 札入れ サイフ さいふ 男性用 ブランド DECOS 牛革 小銭入れ付き 多機能 暮らしの幸便 532P14Aug16

②スマホ

DIGNO T です。Nexusとかに比べればちょっと遅いかもしれないけど、僕には十分。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




③キーケース

イオンで購入した本革キーケース。5000円くらいだったかな。4年ほど使っています。時々革の手入れをしてあげてます。

 

④シリコン製の折り畳みコップ

災害にあったときのために常備しています。

日常でも何回か使ったかな。楽天とかアマゾンで数百円とかで買えます。

SONY DSC

 

⑤髭剃り

僕は結構ひげを剃り忘れてしまうことがあるんです。

職場についてから気づいたりすることがあるので、すぐに剃ることができるように常備しています。

それに髭が伸びるのが早いうえに、髭が伸びるとかゆくなっちゃうんです。それで、アウトドアを楽しんでいるときや、旅行中にすぐにトイレとかで剃れるように携帯しています。

なんで短いの?って思った方もいるかもしれませんね。

短く切るというのは、以前に見たサバイバルの本を参考にしました。

イギリスの特殊部隊はこのように髭剃りの柄を切って持ち歩いているというのを見てマネしました。若干持ちづらいけど、携帯性は抜群。

 

⑥救急セット

防水ばんそうこう、ガーゼ、消毒用アルコール付きガーゼの大と小。綿棒、サージカルテープ、安全ピンが入っています。どれもダイソー商品です。ダイソー便利です。

これ、結構使うんですよ。というのも仕事柄刃物を使うことが多くて、何回か指を切ったことがあるんです。血が止まらなくて(汗)。 すぐに指を強く抑えて、ガーゼで押さえつけ、サージカルテープで巻いて固定したりして止血しました。

他の人がケガして、このセットを貸したことも何回かあります。それで中身は必ず減らさないよう注意してます。

 

 

⑦時計

フォーマルな場所では相応の時計をしますが、基本的に僕はラフな時計をしています。TimexとかG-shockとか大好きです。特にG-shockは大好きなので語らせてください(笑)

SONY DSC

 

数ある時計の中でもなぜ僕がG-shockが好きか? それはやはり頑丈さ。これまで落としたり濡らしたりしてしまって壊れてしまった時計がありますが、G-shockはびっくりするほど壊れない。間違って落としてしまっても余裕。踏んでしまったこともあるけど余裕。つけたままシャワー浴びたりしても、水没させても余裕。普通に動いてます。

 

ある番組で行った実験では、冷凍庫の中に入れていても動き続け、大きな車に轢かれても大丈夫でした(すごいですよね)海外の情報などを見てみると、6階建てのビルから落としても大丈夫だったとか、
そして多機能であること。暗闇でもすぐに時間が確認可能。ストップウォッチやアラームもついているということ。 そして1万以下でも買える時計なのに意外と正確。そして電池がほとんど切れない。僕が高校一年生の時にプレゼントしてもらったG-shockの電池が切れたのは27歳の時でした(笑) どんだけ持つんだよ(笑)。個体差はあるかもしれませんが、余裕で電池寿命10年ほどいきます。

G-shockさすがです。

Gshockは沢山ラインナップがあるんですが、その中でも僕がお気に入りで今も使っているのが、G-shockの原型ともいわれるD-5600系。
5600系のよさは、他のモデルに比べて、軽いです。そして薄い。つけていることを忘れるときもあります。そして目立ちすぎない。普通gshockはスーツには合わない時計だが、D5600系だけはうまくコーディネートすればスーツとも合わせることが可能だとアパレル関係の友人が言っていました。大人でもつけやすく、ほとんどのシーンで活用できる時計です。操作も他のモデルよりシンプルで使いやすいです。

とはいっても子供っぽいとか、安っぽくてダサいと言う人もいます。確かにロレックスなどの高級時計と比べたりするとそう思うのも無理はないかもしれません。でも、G-shockは世界中の軍隊、警察、消防、レスキュー隊など、過酷な場所で働く人たちに使われている時計です。海外のアマゾンを見るとD5600はメンズ時計の分野で1位を取るほどの人気ぶり。兵士が軍の支給時計ではなく、あえてd5600を選んだり、特殊部隊の兵士がd5600をつけて訓練に臨んだりしています。

 

そうです、ジーショックは日々命をかけている人たちが相棒として選んでいる時計なんです。雨風、雪山での凍えるような寒さ、砂漠での焼けつくような熱さ、ジャングルでの泥や砂にまみれながらも耐えて刻み続けるG-shockにロマンを感じます

・・・すいません、熱くなっちゃいました(笑)

話を戻しますが、このD5600系の中でも僕が所持しているのが、反転液晶のタイプで

D5600MS MAT BLACK RED EYEシリーズ(2009年発売)のものになります。普通のモデルもカッコいいですが、こちらは、黒と赤で統一されていて個人的にはかなり好きです。文字の色が赤なのには理由があるようです。公式ホームページで見たところ、可視光線の中で波長の長い赤を用いることにより暗闇での視認性に配慮したとのこと。理由があったんですね。なおさら好きになりました(笑)

このモデルには僕自身思い入れがあります。
中学生の時に、これと同じようなモデルを店頭で見て一目ぼれしてしまい欲しくてたまらなかったんです。

が・・・中学生の僕の安かったお小遣いからすると高くて あきらめるしかなく・・・・泣

いつかお小遣いをためて買おう買おうと思っていたのですが、高校生になったら・・・店頭で見なくなりました(泣)

でもそれから10年ほどたった時、たまたま店頭で反転液晶のモデルが再発売したことを知り、即ネットで買いました。10年以上越しに買うことができて、うれしくてたまらなかったです。

他にも時計は買ったりしましたが、なんだかんだ今でも毎日これをつけてます。

今回ブログにこの記事を書くにあたり久々に、楽天とアマゾンで価格を検索してみました。すると・・・びっくり。

以前アマゾンは安かったのですが、今はなんと・・・25000円ほど。販売価格の2倍の値がついています。でも楽天を見てみると販売価格より安かったです。この時計を買う場合は楽天のほうが断然お得ですね。 

アマゾンもかなり安くなっていますのでお買い得になってますね。

 


DW-5600MS-1DR g-shock マットブラック レッドアイ GSHOCK G-SHOCK カシオ

 

僕は上のリンクのお店で数年前に購入しました。あの時からすると2千円ほど高くなっていますが、アマゾンよりはましですね。上の写真ではボディがグレーのような色ですが、実際は光沢のないマットブラックです。真っ黒です。


カシオ Gショック 腕時計 マットブラック レッドアイ DW5600MS-1 [逆輸入品]

アマゾンはこちら↑

 

 

 

⑧小型LEDライト

これは iTP-LIGHTという会社(今は違う会社と合併したんだったかな)の ITP A3 EOS LED Flashlight UPGRADE Editionというライト好きの中では割と人気のライトです。楽天でもアマゾンでも大体送料入れて3000円ほど。取り扱っているのはアマゾンも楽天でもホルキンという会社です。人気が高いのかブラックは売り切れですね。

SONY DSC

ライトは好きでいくつか持っているんですが、これはかなりお気に入り。いつもキーケースにつけて持ち歩いています。

というのも、これ、小型で軽量です。写真にあるように単四電池より2センチほど長いくらい。

そして、小型なだけでなく明るいです。単四アルカリ電池使用のライトって普通で10~20ルーメンほど。でも、これは、最高96ルーメンの明るさで照らしてくれます。しかも、明るさの調整が三段階で可能です。小型なうえに、明るさの調整ができるということで、日常使いから防災のためにも持ち歩いています。

ヘッドを左にねじると最初に、1.8ルーメンで点灯(50時間ほど点灯可能)します。夜中起きたときとか、暗い中本を読むときなどにちょうどいい明るさです。目が痛くなりません。

さらにヘッドを右に回してからもう一度すぐに左にねじると明るさが22ルーメンになります(4時間ほど点灯可能)夜道を足元を照らすには十分です。 

そして、もう一度ヘッドを緩めてから左に閉めこむと、96ルーメンになります。10メートル先は見えるかな。結構明るいです。90分点灯できるようですが、ヘッドが熱くなるので10分程度したら切り替えて休ませたほうがいいでしょう。ブラックは売り切れだったので、シルバーのリンクを貼っときます。

 


【CREE R5搭載モデル】 iTP A3 EOS R5 LED Flashlight ナチュラル・カラー UPGRADE version – 3 MODE

 

 

付属品でクリップがついていますが、僕はいつも外してキーケースにつけてます。このライトはおすすめです。これと同じようなモデルで単三電池のモデルもあります。

・・・と、気が付くとかなり長く語ってしましました。

あんまり長くなるのも微妙なので、今日はこの辺で、続きはまた今度書きたいと思います。

やっぱり、自分のお気に入りのアイテムだといいところを語りたくてたまりませんね(笑)

こんな一庶民の僕の持ち物を見てくださりありがとうございました~

僕のEDCを紹介してみた後編 もどうぞ

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-my hobby

Copyright© WonderLog , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.